女の子

子供と一緒に選ぶことが大事|ランドセルを男の子に買ってあげよう

素材とデザイン

子供

価格幅が大きい

日本には自分の身内に小学校入学前の男の子や女の子がいればランドセルをプレゼントする習慣があります。昔は祖父母が孫に購入するのが一般的でしたが、現在は両親が買ってあげる家庭が多いです。このランドセルにかかる費用はおよそ3万円から10万円です。価格に幅がありますが、それはランドセルの価格は素材に応じて変わるからです。クラリーノ素材を用いて作られている場合は安価なものが多くて、3万円から4万円のものが一般的です。軽くて型崩れしないという特徴を持っています。手入れをする必要がないので、6年間安心して使うことが可能です。小学生は男の子も女の子も活発なので、どちらにもおすすめできます。一方、天然皮革を使用したものランドセルは価格が高めです。馬のおしりの部分の皮を使っているものはコードバンといいますが、5万円から10万円程度かかります。また、こうした素材だけでなくデザインも価格と関連性があります。男の子のランドセルはシンプルなものが多いので、そこまでデザインが凝ったものはありません。そのため、デザインによる価格の上乗せが少ないですが、女の子向けのランドセルは細部にまで刺繍が施されていたり、カラーもふんだんに用いられています。そのため、価格が高くなる傾向があります。ちなみに、現在は女の子は赤色、男の子は黒色という違いはありません。自由なカラーを選ぶことができます。購入する際には、お子さんの意見も取り入れながら、好みに合わせて選んであげるとよいでしょう。